スポンサードリンク

自動車保険の重要性と豆知識

自動車保険の豆知識

自動車保険の重要性
自動車保険は、交通事故に遭われた被害者への金銭的な救済・交通事故を起こした加害者の金銭的負担援助・交通事故にあった際の怪我人の治療費など医療費や修理代その他の弁償を助けてくれるのが任意保険である自動車保険なのです。

保険には「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害補償保険」「車両保険」「自損事故保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車障害保険」などがあります。

保険契約の新規・継続・更新
自動車保険の等級は1~20等級に分かれており、数字が大きいほど保険料は安く、数字が小さいほど保険料は高くなります。
(年齢条件により、同じ6等級でも率が変わるので各保険会社に確認をしてください。)

自動車保険に新規加入の場合は、6等級からスタートします。 (ただし、11等級以上の個人の方が、2台目以降の自家用車を購入して、新規加入する場合は7等級の20%割引からスタートすることになります。)

自動車保険契約を継続・更新する場合は前年度に保険を使わなければ1等級上がります。逆に使っていれば1事故につき3等級下がり、保険料が高くなってしまいます。 (等級プロテクトを特約を契約している場合は据え置きの場合があります)

等級 割引・割増 等級 割引・割増
1等級 60%割増 11等級 45%割引
2等級 30%割増 12等級 50%割引
3等級 20%割増 13等級 50%割引
4等級 割増引ゼロ 14等級 55%割引
5等級 10%割引 15等級 55%割引
6等級 10%割引 16等級 58%割引
7等級 20%割引 17等級 58%割引
8等級 30%割引 18等級 60%割引
9等級 35%割引 19等級 60%割引
10等級 40%割引 20等級 60%割引

保険会社を変更する場合
保険会社を変える際には、現在の等級は引き継がれますので、自分のライフスタイルに合った保険 プランを探して自動車保険会社を変えてみるのも良いかもしれません。

・自動車保険の見積もりが無料で取りよせられる
・各社の自動車保険の保険料を比較できる
・ネットでそのまま契約も!
価格.com自動車保険 比較・見積もり 日本最大級の価格比較サイト【価格.com】が運営する自動車保険比較。 一度お見積もりフォームにご入力・送信いただくだけで、 複数の保険会社から、自動車保険のお見積もりを取りよせることができるサービスです。
チューリッヒ保険 「安全を進化させる」ダイレクト通販型保険会社のチューリッヒ!充実の補償と高品質なサービスで、たくさんのお客様にお選びいただいています。合理的な保険料の算出法や各種割引などによる、リーズナブルな保険料も特徴です。

等級プロテクトとは
事故を起こした場合でに、保険会社が定めた条件に該当する事故であれば、等級を下げずに据え置きしてくれるという特約のことです。

保険を使う前に
万が一事故を起こしてしまった場合、損害の負担額が僅かであれば、保険を使わずに修理代を支払ったほうが、翌年に3等級下がった場合の保険料と比べて計算した場合に長期的に見ると安上がりとなる場合もありますので計算をして見ましょう。
(3等級下がると元の等級に戻るまで3年掛かるということです)

自動車保険の中断
保険には中断と呼ばれるものがあります。 車を廃車にしたり売ったりして保険会社との契約をしていない場合に、保険契約を中断してから10年以内であれば、以前の同じ等級で契約ができるのです。
そうそう、保険契約を中断した場合は月割りで掛けた保険料は戻ってきます。

保険契約の拒否
新規に加入で6等級からスタートして、1年以内に事故により保険を使うと2年目は3等級となります。次の年にまたぶつけて保険を使うと3年目は1等級(最低は1等級です)となるはずです、しかし、こうなってしまうと自動車保険会社に契約を拒否されるのです。 ご存知でしたか?
またデータも残るので殆どの場合は他社でも新規契約をしてくれません。
ではどうするか?
車両の名義変更をして(同居している親族は駄目)保険の契約者も変更するか、13ヶ月間自動車保険に入らないで新規6等級からスタートとするという方法しかありません。



フィード