スポンサードリンク

自動車 残価設定の基礎知識にようこそ!

当サイトでは、残価設定ローンに関することはもちろん、お得な情報まで掲載しております。
残価設定ローンとはどのようなものか、またどのような準備が必要なのか・・・
初めての残価設定ローンに際して必要な知識はここで全て揃います。
このサイトがあなたのお役に立てれば幸いです。


残価設定について

残価設定型ローンとは

ilu.jpg

残価設定とは
残価とはローン契約(3年から5年)終了時の下取り予想価格のことをいいます。
現在お持ちのお車の効果買取査定詳細はこちら!

車のローンの新しい形態として、「残価設定ローン」が注目されています。
車両購入時に車両価格からローン終了時(3年から5年)の残価設定価格を差し引いた金額を分割払いするローンのことです。

〔例〕
車両代金300万円の車を残価設定ローン契約をした場合。 3年後の車の買い取り価格(残価)が120万円だとした設定した場合に車両代金300万円から3年後の車の買い取り価格(残価)120万円を差し引いた残りの180万円に金利をプラスして月々分割で支払うということです。
但し、買取条件は各ローン会社によって違いますのでご注意ください。

300万円のローンを組むよりも180万円のローンを組んだ方が月々の負担を軽減できるだけではなく、ワンランクもツーランクも上の車を買ったり、余ったお金で旅行に行ったりとライフスタイルをちょっと変えることもできるお得なローン契約といえるでしょう。

残価の清算方法
毎月支払うのは「残価」以外の車の購入代金であり、 ローン終了時には下記の3つの方法から選ぶことになります。

①新しい車に買い替える
 残価設定(残存価格=下取り価格)の支払いが不要

②車を返す
 残価設定(残存価格=下取り価格)の支払いが不要

③自分で車を買い取る
 最終回の支払い時に、残価設定(残存価格=下取り価格)を一括払いで支払う必要があります。
※再クレジット(再契約で残価の分割払)でローンを組むことができます。

ローンの支払い額が同じならワンランク上の車に乗ることができ、購入者にとっては大変お得感のあるシステムといえるでしょう。


フィード